株式会社東創プランニングサービス 株式会社東創プランニングサービス

全体をグレートーンのやさしいカラーでまとめた、お気に入りの外観。
一目でY様のお宅だと分かる水色の玄関ドアに、奥様のこだわりと性格が表れています。

Q1. 東創プランニングサービスを知ったきっかけと、選んだ決め手を教えてください。
A. 奥様:両親の家を建築いただいた東創さんに、私たちの家もお願いしたかったんです。実際に両親のそばで家づくりに携わらせてもらって、メリットとか魅力とか、東創さんだと何ができるのかも解っていましたから。
自分の中では、同じようにしたいところと変えたいところがイメージできていた中で、両親と同じく引き続き満平さんに担当してもらえるということが大きかったです。0からではなくすべて解ってもらっている状態で進められるので、土地のことから一通り安心してお願いすることができました。

ロケーションを生かし、朝の光が入ってくる場所を吹き抜け設計にしました。
絵画を眺めるように、毎日表情が変わる緑豊かな景色をご家族で満喫されています。

Q2. 実際に家づくりをした印象や、一番思い出に残っていることを教えてください。
A. 奥様:吹き抜けに沿って取り付けてもらった、この木の柵の施工で大工さんを含めて打ち合わせして進めたことが印象深いですね。自分のイメージにピッタリな柵の画像をネットで探してきて、「これと同じようにしたい!」とお願いしたんです。現地で無垢材を組み合わせる工法で大工さんに手造りしてもらい、結局この柵だけで完成までに2週間くらいかかりましたけど、一番こだわった部分がイメージ通りに仕上がったので、とても満足しています。

2階の角、一番明るくなる場所には子供部屋を設計しました。
窓も多く、景色を眺めながらリラックスできる心地よい空間です。

寝ながら星を眺められるように、大きな窓を備え付けた主寝室。
プロジェクターでサッカー観戦する、2人の趣味を満喫する部屋にもなります。

Q3. 家づくりでこだわったポイント、お気に入りのところはどこですか?
A. 奥様:無機質だけど温かみのあるやさしい家にしたくて、柵だけでなくフロア全体の雰囲気やデザインにもこだわりました。使いたかったのがこのフロアタイルです!「タイルで食事したい」という想いがあったので、リビングは木の床材で、キッチンとダイニングはタイルでと張り分けました。リビングと段差もないですし、お手入れもしやすいのですごく気に入っています。 それと、ロケーションを生かせるように窓の配置にもこだわったんです。この土地のすぐ隣は木々が広がる緑豊かな環境なので、その方向の窓は絵を飾るような感覚で、窓が景色を切り取って映し出すように位置や大きさや角度を考えて配置していきました。 あとはランドリールームもこだわりましたね。子どもの汚れ物をパッと手洗いできるようにスロップシンクを備え付けましたし、洗濯機から取り出してすぐその場や浴室に干せたり乾燥機にかけられたりと、1ヵ所で効率的に作業できるので助かっています。

ご主人:リビングのテレビ周りはこだわらせてもらいました。もともと取り付けたいサウンドシステムが決まっていてイメージがあったので、それと併せてテレビボードもサイズや高さを計算して造作で備え付けてもらい、配置などトータルでコーディネートしました。

奥様がこだわったのは、「無機質だけど温かみのあるやさしい家づくり」。
リビングはナチュラルテイストの木材、ダイニングはタイルと、別の素材で張り分けました。

高さや木の幅など細かくこだわった、この住まいを象徴する無垢材で仕上げた柵です。

洗ってから乾かすまで効率的にこなせるランドリースペースも家事ラクポイントです。

ご主人がこだわったのは、趣味を音でリアルに楽しむためのテレビ周り。
スピーカーやテレビボードも位置を細かく計算し備え付けました。

Q4. 今までの生活と変わったことは何ですか?
A. 趣味の楽しみ方と時間の使い方が大きく変わりましたね。2人でサッカー観戦するのが好きなので、プロジェクターの大画面で観れるように寝室を広く設計したんですよ。なので、今の家では夜子どもが寝た後にベッドでゆっくりサッカーを観れるようになりました。 それと、犬が走り回れる庭を広くつくれたので、外での過ごし方、寛ぎ方も今までとはだいぶ変わりました。

ご両親宅と同じように、明るく眺めの良い場所にタイルデッキをつくりました。
ワンちゃんと一緒に走り回れる庭をつくったことで、家で遊べるようになりました。

洗面室も、奥様がネットで見つけたイメージと全く同じ製品を使用して造作しました。

シンプルでやさしい雰囲気の中、いつも親子の穏やかな時間が生まれています。

この家のプランニングは
私が担当しました。



MAMI
MITSUHIRA

満平 麻美

この家のプランニングは
私が担当しました。



MAMI
MITSUHIRA

満平 麻美