株式会社東創プランニングサービス 株式会社東創プランニングサービス

無垢材を使用した、ナチュラルスタイルのステキな空間。
家具や照明含めすべてコーディネートされ、奥様のイメージ通りに仕上がりました。

Q1. 東創プランニングサービスを知ったきっかけと、選んだ決め手を教えてください。
A. きっかけはホームページでした。自由設計の注文住宅を建ててもらえる会社をネットで探していたら東創プランニングサービスさんを見つけて、施工例を見るとかわいいお家をたくさん建てていることがわかったので、とりあえず話を聞きに行ったんです。
正直、最初は選択肢の一つで、大手メーカーさん含め色々なところに相談していました。でも、他社さんはどこも、決められたプランの中から選ぶしかなく完全自由な建築ではなかったり、自分たちの叶えたい注文住宅にしようとするとオプション扱いで予算的に厳しくなったりで、進みませんでした。
そんな時に「じゃあ、もう一回東創さんに話を聞きに行ってみようか。自由に建てれるって話してたし…」となり、半年ぶりくらいに伺ったんです。そこで「こういう家にしたいんですけど…」と改めて相談したら「できますよ!」と明るく言っていただきました!自分たちの中でも固まってきていた「こんな家にしたい!」を叶えてもらえることが嬉しかったですし、東創さんにお願いしようと決めた理由ですね。

収納やコンセント位置など、ご要望に合わせてすべてカスタマイズした木のキッチン。
炊飯器など家電を隠せる可動板や物を置ける可動引き出しなど、工夫がいっぱいです。

Q2. 実際に家づくりをした印象や、一番思い出に残っていることを教えてください。
A. 奥様:とにかくわがまま言いすぎました(笑)。こういうふうにしたいというのを伝えるのに、スケッチブックに間取りや絵を描いてやり取りさせてもらったんです!スケッチブックが数冊にもなるくらいに何度もリクエストを出したんですが、担当の鈴木さんも設計士の方も嫌な顔一つせず、納得いくまで対応してくれました。私たちが「こうしたい」という提案を投げかけると、毎回それに対して設計上の専門的なアドバイスも含めたより良い提案で返してくれたので、本当にありがたかったです。

洗面化粧台も使い勝手とデザインを考えて造作しました。
すぐ隣には洗濯物を干せる便利な家事室も設置しています。

トイレもスタイルに合わせてコーディネートされたおしゃれな空間に。
蛇口やカウンターもイメージに合うアイテムを選んでいただきました。

Q3. 家づくりでこだわったポイント、お気に入りのところはどこですか?
A. 奥様:窓の高さや収納など色々ありますが、一番は、外観や照明なども合わせたこの明るすぎないナチュラルテイストのコーディネートですね。特にフローリングにはこだわりました。色や板の幅など細かいお願いをしたので、鈴木さんも本当に大変だったと思いますが、おかげで理想通りの床にすることができました!

キッチンや洗面化粧台も、同じテイストでしかも使いやすいように、リクエストに合わせてすべて造作してもらっています!

ご主人:やっぱりインナーバルコニーですね!家族で寛いだり、ご飯を食べる場所として活用しています。プライベートな空間にしつつも明るく開放的にするために、天井を勾配にしたりトップライト仕様にしたり、色々と工夫を重ねて理想的な場所にすることができました。バルコニーと廊下との境目をフラットにしたので、子供も出入りがしやすくなっていますよ。

ご主人肝いりの、2階中央に位置する明るく広いインナーバルコニー。
間口も広く段差もないので、室内と行き来しやすくお子様も安全です。

広い寝室も間取りからこだわりました。
勾配に設計した木の天井が素敵ですね。

キレイに整理された大容量のパントリー。
奥様の性格が表れています!

リビングの壁の一面をマグネット式にしました。
ちょっとしたメモ書きや大事な書類などを貼っておけるのでとても便利です。

Q4. 今までの生活と変わったことは何ですか?
A. 奥様:広くなったおかげで、子供が家の中でのびのび遊べるようになりましたね!以前の家だと収納できなかったものがあちこちに置かれて狭くなり、危なくてなかなか目も離せなかったのですが、今はそういうこともなく、また家事しながらでも目が届くように考えて設計したので、安心して子守ができるようになり生活にゆとりもでてきました。

あと、子供が通う保育園のママ友やお友達がたくさん遊びに来るようになり、家が交流の場になりました!だからこそ、いつだれが来てもいいように夜のうちに片づけをしたり、常にきれいにしておくのが習慣になりました。

ご主人:僕も、人を招待できるようになりました。以前だと友人や同僚を呼んだり泊めようと考えもしなかったのが、今では家に連れて行っていいか気兼ねなく聞くようになったわけですから、とても大きな変化です。家が新しくなって、気持ち的にも余裕が出てきたんでしょうね。

小上がりの畳スペースはお子様の遊び場!
リビング隣接でキッチンからも目が届くので安心です。

広い寝室も間取りからこだわりました。お子様用のかわいい図書室も作りました。
片付ける習慣も身につきますね。

子供部屋の入り口にそれぞれ棚を作りました。
扉を付けず、出し入れしやすいよう設計しています。